受験勉強や資格試験の勉強方法
短期で合格するためには、

手当たりしだいの教科書や参考書に手を出し

隅から隅まで読んでいったのでは間に合いません。

サッカーの上達方法も勉強も根本的には同じこと

さあこれから勉強をしよう

 

そう思ったときに参考書や教科書を揃えますよね

基本的にそうした参考書や教科書というものは浮気をしないはずです。

サッカーでも自分で技術を磨く際には

そうしたバイブル的な本やDVD教材などを一本または何冊か

しっかりと吟味し選び参考にしていくことが必要です。

やっていくうちに自分に合った教材というものが分かってくる

技術習得のために本やDVD教材などを何度も参考にしていくと

だんだんと自分に合った教材というものが理解出来てきます。

 

フォームの形だったり

表現の言い回しだったり

写真やイラストだったり

なんでも構いません。

 

自分に合った教材の反復をすること

サッカーの自分なりの指針となる教科書を作ること

こうすることで自分なりに反復するための軸が出来ます。



特にこうした軸を作っていくことは

自分がスランプに陥った時に見返すことができるので大変重宝します。

サッカーノートを取るという考え方もありますが

サッカーノートとは別にしっかりと自分が見返すことができる本やDVDの教材を作ること

 

これはどのレベルの段階であっても

見返すたびに感じることも変わってくるはずです。

 

サッカーというのはグラウンドで行い人に教わるのはもちろんですが

変化をしない教材というものを自分なりの持つことは

自分のスタイルをしっかりと確立することが出来ます。

 

自分というスタイルを確立するためには

自分なりの教材のスキルをしっかりとマスターしてみる。

ある意味一番ぶれない誰かの真似になり

必要な基本技術というのは身につけやすいです。

 

個性というものはその上に載せていくこと

それがもっとも自分なりの個性を活かした上達の最短方法と言えるでしょう。